クレジットカード決済の導入

クレジットカード決済とは

クレジットカードは、カードを保有するカード会員の信用を基に、クレジットカード会社が商品の代金を一時的に立て替えるために用いられます。
クレジットカードを使った代金の支払方法を「クレジットカード決済」と言い、クレジットカード決済による売上は、商品やサービスを提供したタイミングではなく、後日お店に入金されるのが特徴です。
お店で実際にクレジットカードを提示して支払う以外に、最近ではQRコード決済アプリにクレジットカードを設定するなど、クレジットカードを利用するケースも増えています。

クレジットカード決済の需要

現金を使わずに支払うキャッシュレス決済による支払額と比率は年々増加しており、政府は2025年までにキャッシュレス決済比率を40%にすることを目指しています。
2019年10月から2020年6月に実施されたキャッシュレス・ポイント還元事業では、対象決済金額6.9兆円のうち約4.4兆円(64%)をクレジットカード決済が占めており、カード決済による金額が圧倒的に多い結果となりました*1。
また、キャッシュレス推進協議会の調査によると、還元事業開始以降、7割近くの消費者が月に1回以上クレジットカードを利用しています*2。
クレジットカードを持っている人は多く、保有率87%、平均保有枚数3枚というデータもあります*3。これらのことから、キャッシュレス決済を牽引しているのがクレジットカード決済であることが考えられ、クレジットカードを利用する人が多いことがわかります。 クレジットカード決済を導入することは、店舗運営のなかで必要なものとなってきています。

  1. *1:キャッシュレス・ポイント還元事業に関する直近の状況について公表しました(経済産業省、2020年6月1日発表)
  2. *2:キャッシュレス調査(一般社団法人キャッシュレス推進協議会)
  3. *3:クレジットカードに関する総合調査2020年度版(株式会社ジェイシービー)
キャッシュレス決済に占めクレジットカード決済

クレジットカード決済導入の
メリット・デメリット

来店されるお客様のメリット

クレジットカード決済ができることの一番のメリットは、高額な買い物を予定している時も多額の現金を持ち歩かずに済むことやATMを探す必要がないなど、現金を持たずにお買い物できることやポイントを貯めたり、現金より衛生的でスムーズな支払いが出来ることです。

ポイントやマイレージがたまるクレジット

カード各社では会員向けにポイント還元などのお得な特典を用意しています。購入額に合わせてポイントやマイレージを貯められたり、特定のクーポンなどの利用で割引を受けられたりするメリットがあります。

スムーズな会計

現金をやりとりする必要がないので、お釣りのやりとりに時間を取られません。クレジットカードなら、現金を出す必要がないのでお会計が衛生的でスムーズに早く完了します。

店舗様(加盟店様)のメリット

クレジットカード決済を導入している店であれば、お客様は現金の持ち合わせを気にすることなく、ほしい商品を購入したり注文したりできます。逆に、クレジットカード決済を導入していない店ですと、ほしいものが買えない、注文できない可能性から入店を躊躇するという残念な体験をしてしまいます。お客様の満足度を向上させるためにも、クレジットカード決済を導入した店舗であることは重要だと考えられます。

会計業務のコストを削減

レジに入っている現金の集計や銀行への入金など、店舗での会計業務は毎月多くの時間を会計業務に費やしています。クレジットカード決済を導入すれば、現金管理の部分では時間を短縮でき、コスト削減につながります。

販売機会・単価の向上

手持ちがないことでお客様が欲しいものの購入や注文を諦めてしまうのは、店舗にとっても大きな機会損失です。また、キャッシュレス決済でポイント還元を受け取りたいという顧客層に対応するためにもクレジットカード決済の導入は重要です。

店舗様(加盟店様)のデメリット

一般的なクレジットカード決済サービスでは、初期費用、決済手数料の負担があります。クレジットカード決済を導入すると、商品・サービスの販売ごとに決済手数料を支払う必要があります。初期費用、固定費、維持費がどのくらいかかるか、事前に確認が必要です。

クレジットカード決済の業務フローの追加

クレジットカード決済を導入するには、導入までの手続きや現金以外の会計フローの追加が発生いたします。予めクレジットカード決済を導入した場合を想定した会計フローを考えておく必要があります。

楽天ペイのクレジットカード決済の特長

主要6ブランドのクレジットカード決済(Visa、Mastercard、American Express、JCB、Diners Club、Discover)に対応しています。海外で発行されたカードでもこれらのブランドのクレジットカードであれば決済が可能です。初期費用無料、決済手数料は業界最安水準の3.24%〜、月額固定費無料です。申込費用、アカウント作成費、月々の固定費、解約費用などは発生しません。ご負担いただくのは、クレジットカード決済が発生した分の決済手数料のみです。もちろん、売上金の振込手数料もかかりません*4。

  1. *4:売上金の振込指定口座登録を楽天銀行にした場合のみ
オンラインで
かんたん申し込み

申し込みはオンラインで、数分あれば完了します。複雑な手続きが必要ないので、最短2週間程度でクレジットカード決済を導入できます。

365日
翌日自動入金

振込登録口座を楽天銀行にすると、365日いつでも売上を翌日自動で入金*4いたします。

売上管理機能も充実

取引履歴や日次売上の確認、売上金の入金依頼など、クレジットカード決済における管理機能が無料で利用できます。

店舗様に選ばれて決済サービスNo.1

  • 日本マーケティングリサーチ機構 ブランドのイメージ調査( 2021年12月 )
    競合選定条件:「クレジットカード決済 導入」でGoogle検索上位6サービス(2021年11月11日12時00分時点)及び選定企業3サービス

さまざまな決済方法に対応

アプリ決済

アプリ決済は、来店されたお客様が
スマートフォンを使って
QRコードでお支払いする決済方法です。

RakutenPay auPAY
楽天ペイ:決済手数料実質0%(キャンペーン適応時)
au PAY :決済手数料3.24%
  • QRコードは、デンソーウェーブの登録商標です。

クレジットカード決済

「VISA」、「Mastercard」、「JCB」など、
主要6ブランドのクレジットカードの
お支払いに対応しております。
詳しくはこちらから

VISA mastercard JCB AMERICANEXPRESS DinersClubINTERNATIONAL DISCOVER

電子マネー決済

「楽天Edy」や交通系ICおよび
「nanaco」「WAON」などの
多数の電子マネーブランドに対応しております。

RakutenEdy QUICPay iD nanaco waon RakutenEdy QUICPay iD nanaco waon
kitaca suica pasmo toica manaca icoca sugoca nimoca はやかけん

Apple Pay ・Google Pay™

Apple Pay や Google Payにも
対応しています。
※来店されるお客様がご利用されるApple Pay や Google Payの支払い設定により、
お支払い可能な電子マネーブランドが変わります。

Apple Pay Google Pay

・Apple Payは、Apple Inc.の商標です。
・Google Pay ロゴは Google LLC の商標です

インバウンド決済

アジア各国で利用されているスマホ決済を、
日本国内のお店でも
利用可能にするサービスです。
※本サービスは、楽天銀行の提供するサービスです。

微信支付WeChatPay 街口支付JKOPAY 支付宝 AlipayHK EZ-Link GCash pay Touch'nGo Alipay PARTNER 微信支付WeChatPay 街口支付JKOPAY 支付宝 AlipayHK EZ-Link GCash pay Touch'nGo Alipay PARTNER

お申し込みの流れ

  1. STEP1 お申し込み 10分
  2. STEP2 加盟店審査 2~3週間
  3. STEP3 アプリ・
    カードリーダー
    入手
    1週間
  4. STEP4 初期設定
    ご利用開始
    30分

お問い合わせはお気軽に

楽天ペイ加盟店サービスセンターは、9:30から23:00まで、土日祝日も対応しています。

  • お申し込み時のご相談、導入後の操作方法など、お気軽にご相談ください。

導入をご検討の店舗様

もっと詳しく