月1,000円分も?!楽天ペイの還元率と街で楽天ポイントを貯めるポイ活術

月1,000円分も?!楽天ペイの還元率と街で楽天ポイントを貯めるポイ活術

楽天ペイアプリ(以下楽天ペイ)は「どのくらいポイントが貯まるの?」「貯まったポイントはどうやって使うの?」と疑問に思っていませんか?

楽天ペイは、普段の街のお買い物でいつでも最大1.5%の楽天ポイントが還元され、貯まったポイントは1ポイント=1円分として使えます。(楽天カードからのチャージで0.5%還元+楽天キャッシュでのお支払い時で1%還元=1.5%還元))

さらに、楽天ペイのキャンペーンや他の楽天のサービスを活用することで月1,000ポイント以上、マイナポイント事業が実施されている期間は、マイナポイントの上限5,000ポイントと合わせて、計6,000ポイント以上ゲットできるかも?

この記事では、街で楽天ポイントを効率的に貯める方法(ポイ活)と、(楽天ペイを使って)ポイントで支払う方法について、それぞれ紹介します。

初心者の方でもイメージしやすいよう、図を交えながら説明していきますね!

楽天ペイは期間限定ポイントも使える!

今まで期間限定ポイントの使い道に困ったことや、失効して悔しい思いをしたことありませんか?

楽天ペイは期間限定ポイントも街のお買い物に使え、1%の楽天ポイント(通常ポイント)が貯まります

※ポイ活とは、お買い物などでもらえるポイントを使って生活に役立てる活動のことです。

1. 楽天ペイなど楽天のサービスを使って街で月1,000ポイント以上貯める方法

普段の街でのお買い物で楽天のサービスを利用すると、月にどのくらい得するのでしょう?

あくまで一例ですが、一人暮らし・ファミリーの方が、それぞれ月にどのくらいポイントが貯まるのか計算してみました。

まずは、一人暮らしの方の例です。

次に、ファミリー世帯のお父さん、またはお母さんの例です。

  1. 楽天カードを使ってチャージし、楽天キャッシュで支払った場合。
  2. マイナポイント付与分上限5000ポイント。
  3. 1%還元の場合。楽天ポイントカードの加盟店が対象で、加盟店ごとにポイントの付与率は異なります。
  4. 200円チャージごとに1ポイント貯まります。
  5. 楽天チェックで獲得できるポイントはお店や利用状況によって異なります。
  6. 10ポイントの商品の場合。レシートの送付で獲得できるポイント数は商品ごとに異なります。

ご覧のとおり、普段のお買い物を楽天ペイで支払い、併せて他の楽天サービスを利用するだけで、月1,000円分以上のポイントが貯まることがお分かりいただけるでしょう

さらに9月から付与が開始したマイナポイントを登録・利用することで、上限5,000円分のポイントももらえます!

一体どうしたらこんなに沢山のポイントをもらえるのでしょう?

その秘訣です。

楽天にはポイントを貯める手段が沢山ありますが、今回は「街のお買い物で無理なく貯められること」と「初心者の方でも簡単に始められること」を基準に選びました。

1つずつで構いませんので、ぜひ楽しんでポイ活をはじめてみてくださいね!

それでは紹介していきます。

1-1.いつでも最大1.5%還元!

楽天ペイには複数の決済方法がありますが、一番楽天ポイントが貯まるのは、楽天カードを使って「楽天キャッシュ」と呼ばれる楽天グループのオンライン電子マネーにチャージして支払う方法です。

この方法を使えば、特にエントリーの必要なく、楽天ポイントをいつでも最大1.5%貯めることができます。(200円チャージごとに1ポイント+100円支払うごとに1ポイント=1.5%還元)

楽天ペイに楽天カードを登録し
チャージ・お支払いした場合

参考までに、他の決済方法との比較です。

楽天キャッシュへのチャージ方法は3種類ありますが、チャージで還元されるのは楽天カードを使ったチャージのみです

楽天ペイの決済方法と還元率

決済方法 お支払い元 還元率
楽天キャッシュ払い 楽天カード(Mastercard、Visa、JCB、American Express) 1.5%還元
(200円チャージごとに1ポイント+楽天キャッシュで100円支払うごとに1ポイント)
楽天銀行 1%還元
(楽天キャッシュで100円支払うごとに1ポイント)
ラクマの売上金 1%還元
(楽天キャッシュで100円支払うごとに1ポイント)
クレジットカード払い 楽天カード(Mastercard、Visa、JCB、American Express) 1%還元
(100円支払うごとに1ポイント)
その他 Visa、Mastercard、JCB、American Express カード会社ごとに異なる
(楽天ポイント付与なし)
ポイント払い 楽天ポイント 1%還元
(100円支払うごとに1ポイント)
  • クレジットカード払いでは、楽天カード以外のクレジットカード(Visa、Mastercard、JCB、American Express )も設定できますが、楽天ポイントは付与されず、ポイントの種類はカード会社によって異なります。
  • 楽天カード以外のJCB、American Expressのカードは、一部のお店でご利用できない場合があります。「使えるお店 地図」の各お店のページ、またはアプリメニュー内「使えるお店 一覧」でご確認ください。

1.5%が還元されるタイミングは、楽天カードでのチャージ分(0.5%)はチャージした月の翌月中旬、楽天キャッシュでのお支払い分(1%)はお支払いした月の翌々月です。

詳細:いつでも1.5%還元キャンペーン

1.5%還元を受ける手順

1.5%還元を受けるのに必要な手順は2つです。

  1. 1.楽天ペイで(楽天カードを使って)楽天キャッシュにチャージ
  2. 2.お支払い元を楽天キャッシュに設定してお支払い

どちらも楽天ペイを使って、簡単におこなうことができます。

1.楽天ペイで(楽天カードを使って)楽天キャッシュにチャージ

まず楽天ペイを開きます。

画面の右上の「+」をタップし、「チャージ方法」から楽天カードを選択し、金額を入力します。

「チャージする」をタップしたら、チャージは完了です。

楽天カードに入会したい場合はこちら >

2.お支払い元を楽天キャッシュに設定してお支払い

次に、お支払い元の設定をします。

お支払い元がクレジットカードになっている場合は、タップして「楽天キャッシュ」に変更します。

※既に「楽天キャッシュ」が設定されている場合は、特に変更の必要はありません。

お支払い元が楽天キャッシュになったのを確認し、設定は完了です。

ポイントは楽天キャッシュを使ったお支払い額に応じて貯まります。お店でのお支払い方法は、こちらを参考にしてみてください。

1-2.マイナポイントで25%付与(上限5,000円相当)

マイナポイントを知っていますか?

マイナポイントとは、マイナンバーカードとキャッシュレス決済の普及を目的に総務省が実施するポイント制度です。決済サービスを一つ選び、ご利用いただくだけで25%(上限5,000円分)のポイントが付与されます。

マイナポイントを楽天ペイで申し込み&支払うと楽天ポイント付与!

「マイナポイント」は施策の名前であり、「マイナポイント」という名前のポイントが存在するわけではありません。

マイナポイントの申し込みをした、キャッシュレス決済サービス独自のポイントが付与されます。(例:楽天ペイの場合→楽天ポイント)

楽天ペイでマイナポイントの申し込みをし、期間中(2020年9月1日~2021年3月31日)に楽天ペイでお支払い(コード払い・QR払い・セルフ払い)をすると、楽天ポイントを獲得できます。

キャンペーンを見る >

ファミリーの場合、夫婦揃って楽天ペイでマイナポイントを申し込むと、お支払い額に応じて合計最大10,000円分ポイントが付与されます。家計の手助けになりますね!

マイナポイントを楽天ペイで申し込む方法

マイナポイントは今すぐ申し込み&利用できます

楽天ペイで申し込むメリットや条件・方法は、こちらをご覧ください。

1-3.楽天ポイントカードの加盟店でバーコード提示

楽天ポイントカードとは、楽天ポイントカードの加盟店で、購入金額に応じて楽天ポイントを貯めたり使うことができる共通ポイントサービスです。

※獲得できるポイントは加盟店により異なります。

実はこの楽天ポイントカードの機能は、楽天ペイの中にも搭載されているんです!楽天ペイの上部にある「ポイントカード」のタブをタップすると、楽天ポイントカードのバーコードが表示されます。

※画像はiPhone端末です。おサイフケータイ®対応 Android™端末の場合、配置が異なります。

今までプラスチックカードを取り出して提示していた方は、楽天ペイの「ポイントカード機能」を使うことで、スマホ1つで完結できるようになります。

楽天ポイントカードの提示方法

楽天ペイでお支払いするだけでは、ポイントカード分のポイントは自動付与されません。

ポイントを貯めるには、お支払い前にポイントカードのバーコードを提示する必要があります

楽天ペイのホーム画面から「楽天ポイントカード」のタブをタップし、店員さんに「楽天ポイント貯めます」と伝え、バーコードを読み取ってもらいます。

読み取りが終わったら、楽天ペイのホーム画面から「コード・QR払い」をタップし、「楽天ペイで」と伝え、お支払いをします。

※ポイントカードのバーコードを先にご提示ください。

楽天ペイと楽天ポイントカードが両方使えるお店は、こちらのページの下部でチェックできます。

楽天ポイントカード提示後に楽天ペイで支払うとダブルでポイントが貯まる! >

1-4.電車・バスでもポイ活!Suicaへのチャージで0.5%

Suicaへのチャージで楽天ポイントが貯められるって、知っていましたか?

楽天ペイのSuicaとは、楽天ペイ上でSuicaの発行・チャージ・利用が出来るサービスです。

200円チャージごとに1ポイント貯まり、ポイントはチャージした翌日以降に進呈されます

  • Android OS 6.0以上の「おサイフケータイ®」対応のスマホで利用できます。
  • iPhoneは現時点で非対応ですが、モバイルSuicaへのチャージで楽天ポイントが貯まるキャンペーンを実施中です。
  • 楽天ペイからSuicaにチャージできるのは楽天カード(Mastercard/Visa/JCB/American Express)のみです。

楽天ペイのSuicaは、このマークがある鉄道・バス・店舗で利用できます。コインロッカーや自販機・駐車場も対象です。

※「PiTaPa」はご利用いただけません。

楽天ペイのSuicaのはじめ方

はじめ方は、Suicaの利用状況によって異なります。

A~Cのうち、あなたはどれに当てはまりますか?

チャージ方法やお支払い方法はこちらの記事が参考になります。

楽天ペイのSuica:連携方法や使い方・チャージで貯まる楽天ポイント >

1-5.楽天チェックでチェックイン!

楽天チェックは、アプリに表示されているお店に来店し、指定のチェックインスポット付近でチェックインするだけで、楽天ポイントが貯まるアプリです。

購入金額に応じてポイントが貯まるサービスが多い中、来店だけで貯まるなんて画期的ですよね!

コンビニでは、ポプラ、生活彩家、ローソン、ナチュラルローソンなどで使えます。

楽天ペイでのお買い物のついでに、ポイントを貯めてみてはいかがでしょうか?

楽天チェックでポイントを貯める方法

楽天チェックを使うには、まず楽天チェックアプリをダウンロードします。対象のお店で楽天チェックを起動し、指定エリア付近でアプリのボタンをタップします。

とっても簡単ですよね!アプリは公式サイトでダウンロードできます。

1-6.Rakuten Pashaでレシートを送付

Rakuten Pashaとは、スマホから「トクダネ」というお得なクーポンをGETし、コンビニ・スーパー・ドラッグストアなどで該当商品を買い、レシートを撮影・送付することで、楽天ポイント(期間限定ポイント)がもらえるサービスです。

こちらが、ポイント獲得への3ステップです。

対象商品は日替わりで、飲み物などの食料品や日用品等があります。お買い物前にRakuten Pashaのアプリまたはサイトからチェックしてみてくださいね!

公式サイトから利用を開始できます。

2.貯まったポイントを街で使おう!楽天ペイでポイントを使って支払うメリット

楽天ポイントは楽天の色んなサービスで使うことができますが、ここではあえて楽天ペイで使うメリットを紹介します。

楽天ペイを含め、楽天のサービスで獲得したポイントは楽天ペイの画面上に反映されます

例えばSPU(スーパーポイントアッププログラム)や楽天カードのポイントは、毎月15日頃に反映*されます

早速アプリを開いて、ポイントを確認してみましょう。

  • SPUは、一部のサービスを除きお買い物月の翌月15日頃に進呈。
  • 楽天カードは、毎月末日までのご利用分を翌月15日頃に進呈。

2-1.食料品や日用品など生活必需品がポイントで買える!

楽天ペイでは、1ポイント=1円分として、コンビニやドラッグストア、スーパーマーケット、家電量販店などで使えます。(使えるお店

生活で必要なものがほとんど買えると言っても過言ではありません。

参考までに、楽天ポイントが1,000ポイントある場合に買える商品の例です。

2-2.通常ポイントはもちろん期間限定ポイントでも1%還元!

なんと楽天ペイは、ポイントを使ってお支払いしても1%還元されるんです!

さらに驚くことに、通常ポイントだけではなく、期間限定ポイントを使っても1%還元の対象です。(通常ポイントで還元)

還元されたポイントを使ってさらにお買い物できると考えると・・とってもお得ですよね!

2-3.わずか1ポイントから支払いに使える

「あまりポイントが貯まってない・・」という方でも大丈夫!

楽天ペイの場合、楽天ポイントが1ポイントから利用でき、クレジットカード払いや楽天キャッシュ払いなど、他の決済方法と併せて支払うことができます。

いつものお買い物が、ちょっとだけお得にできるかもしれませんね。

3.楽天ペイでポイントを使って支払う方法

ここでは、楽天ペイで楽天ポイントを使って支払うのに必要な設定方法を紹介します。期間限定ポイントだけを使う方法にも触れていきますので、ご参考ください。

3-1.ポイントで支払うための設定方法

ポイント払いをする際は、楽天ペイの画面の下部「ポイントを使う」(お支払い元が楽天キャッシュの場合)または「すべてのポイント/キャッシュを使う」(お支払い元がクレジットカードの場合)にチェックを入れましょう。

※既にチェックが入っている場合は変更の必要はありません。

次回以降もポイントを使う場合は、「設定」ボタンから行うことができます。

  • お支払い1回あたりのご利用可能な「総保有ポイント」は、30,000ポイント/キャッシュまでです。
  • コード表示でお支払いの場合は、楽天会員ランクがレギュラーの方は1回あたり4,000ポイント/キャッシュまで、それ以上の会員ランクの方は20,000ポイント/キャッシュまでです。
  • 20,001ポイント/キャッシュ以上使用可能な設定にしていても制限されます。

店頭で支払う際は、有効期限の迫っている期間限定ポイントから優先的に消費されます。

お支払い方法を見る >

3-2.期間限定ポイントだけ使って支払う方法

ここでは(ちょっと裏技かもしれませんが)通常ポイントを使わず、期間限定ポイントだけを使う方法を紹介します。

この方法はお支払い元がクレジットカードの場合のみ有効です。

まず「お支払い元」をタップし、クレジットカードを設定します。

次に「設定」をタップし、利用設定を「一部使う」にします。

優先設定を「ポイント優先」にし、使いたい(期間限定)ポイントの数を入力し「OK」をタップしましょう。(例:400ポイント分だけ使う場合は「400」と入力します)

ポイントの反映が確認できたら設定は完了です!この場合、お支払い時に400円分の期間限定ポイントが消費されます。

4.まとめ

楽天ペイをうまく活用することで、普段の街のお買い物でもザクザク楽天ポイントを貯めることができます。ぜひ楽しみながらポイ活してみてくださいね♪

上で紹介した他にも、楽天ペイはお得なキャンペーンを実施しています。

キャンペーン一覧を見る >

※この記事の内容は更新時のものとなります。